お雛様

20090211

立春も過ぎたので、今日はお雛様を出しました。

2.11 006

2.11 008   コピー ~ 2.11 008
これは娘のお雛様。 木目込みの座り雛です。
狭いマンション生活なので、お内裏様だけのを実家の両親に贈ってもらいました。
今年でちょうど20回目の雛祭りになりました。


2.11 010
こっちは、私のお雛様。やはり木目込みで、立ち雛です。
娘のよりずっと小さいので、玄関の靴箱の上やリビングの茶棚の上に飾るのにちょうどいい大きさです。
昔は、結婚して初めてのお節句に実家からお雛様を贈るという風習もあったとかで、
1年遅れて、2年目に実家の母から贈られました。
突然荷物が届いて、開けたらお雛様が入っていて・・・・
驚くと同時に、とっても嬉しかったのを覚えています。
というのも、子供の頃の私のお雛様は、段飾りでもなく、お内裏様だけでもなく、
ケースに入った藤娘の人形だったので・・・・。
母はその頃の私の思いも覚えていて、贈ってくれたんだと思います。


2.11 002
ずいぶん前に作ったタペ・・・来年は何か新しいものを作ろうかな。

コメント

NO TITLE

どちらも素敵なお雛様ですね^^
私が子供のころのお雛様は
母のお雛様で七段飾りだったけれど、
とても古くて小さなものでした。
今はどうなってるのかなぁ。
私用のものは生協で買った立ち雛だけ^^;
それもどこにしまいこんだのか、未だにわかりません~
いつか自分のために小さくてもいいからお気に入りのお雛様を迎えたいな。

きのぴとさんへ

娘のは、お内裏様だけとはいえ、結構場所を取るので、
引っ越すたびに、どこに出そうかと悩みます。
もう喜ぶ年ではないのですが、年に1回は虫干しも兼ねて出さなくてはね。

自分のお気に入りのお雛様、いつか見つけてくださいね。

NO TITLE

kyoさん、お雛様出されたのですね~~
毎年、どうしようか迷いますが・・今年も迷っています(笑)
娘さんの木目込みのお雛さま、我が家のお雛さまと、よく似ています。転勤族は大きなのはちょっと無理ですが、やはり無いのは淋しいしね。
kyoさんのお母さま、優しいのですね~~。
kyoさんに似て、すごく可愛らしいです。どんなに大きくなっても娘は娘なんでしょうね。

実家の二階の屋根裏に、たぶん、ねずみにかじられた、私のお雛さまが、眠っているはず(涙)

はにーさんへ

ついこの間と思ったのに、あっという間の20年。
毎年立春が過ぎた大安の日に出して、お雛祭りが終わると即片付けてます。
お嫁に行くのが遅くならないようにね。(笑)
だんだんとお内裏様の鼻の頭が黒ずんできています。
ほこりのせいなのかなあ・・・。

私のお雛様の方が、幼い顔かも。
娘もこっちの顔の方が好きみたいです。
お雛様の顔も流行があるようですね。
非公開コメント
プロフィール

kyo

Author:kyo
大阪府豊中市在住。
自宅で小さな教室を開いています。
ちょっと作ってみたいものがあるのだけどという方、一作品のみの授業もお受けいたします。お気軽にお問合せください。
お問い合わせは、↓のメールフォームからどうぞ。

(財)日本手芸普及協会 
パッチワーク指導員

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Pagetop