東京国際キルトフェスティバル

20170126

今朝も寒かったですが、午後になり少し気温が上がってきた気がします。
DSC_0810.jpg
6時ころの東の空・・・・雲もなく、下弦の月と少しオレンジ色に染まってきた空・・・綺麗だったので思わずパチリ。

さて、昨日で東京国際キルトフェスティバルも終わりました。
今年は年明けから帰省したり、ちょっと忙しかったのでどうしようかと直前まで迷っていましたが、高齢の親達がいるので、来年は行けるかどうかわからないし、行ける時に行っておこうかと・・・・
主人の後押しもあったので、24日に日帰りで行って来ました。

岐阜あたりは大雪で、新幹線も新大阪と名古屋の間で徐行運転。
P1130504.jpg
一面が真っ白で、場所によっては吹雪いていました。
名古屋駅では、車輪の雪を払うのにほんの少しだけ余分に停車。
名古屋を過ぎるといいお天気で・・・・
DSC_0785.jpg
富士山も綺麗に見えました。
20分遅れで東京に到着。
水道橋へ向かいました。

会場に入ったのが、10時頃。
まずは目の前の、珠玉のガーデンキルトへ。
状態もよく保存されているキルト、色もとても綺麗で、キルトラインも細かくて素敵でした。
レオ・レオニの世界では、絵本の世界が可愛く表現されていて・・・・
コンテトの作品や、先生方の花のキルト、朝ドラに出てきた作品達・・・
このあたりまでは、比較的ゆっくりと見ることができました。
斉藤先生のブースでは、もちろん作品も素敵でしたが、水仙のいい香り・・・・
キルト大賞の前は、やはり人だかりでした。
テレビでも見ていたのですが、モノトーンの牡丹の迫力がすごかったです。
鷲沢先生のオズの魔法使いのブースでは、すごい列ができていたので、並ぶことなく遠目で見て・・・・
パートナーシップキルトを見に。
と言っても、歩いてると、たまたま自分の番号のキルトに行き当たったので、ラッキーでした。
あと、来れなかったサークルのお友達の分も、番号をインフォーメーションで教えていただいて、画像をラインで送りました。

今回は、「四季の花物語り」の中のこんな白、ベージュ、ブルーのキルトが気になりました。
P1130518.jpg
花岡瞳先生のキルト

P1130524.jpg
お名前は確認してないのですが、「最初はヘキサゴン」って題がついていたと記憶しています。

ショップでは、生徒さんがログキャビンの玄関マットを作っているので、そのボーダーと裏布を探しました。
あとは、ポジャギ用のモシを少し。
それから、孫姫のお土産に、はらぺこ青虫の柔らかいハンドタオルを二枚。

3時ごろまでドームいるつもりでしたが、歩き疲れたので、ちょっと早めの2時過ぎにドームを出て、ドームから1時間弱の所にある息子のマンションへ。
前日に、急だけど、日帰りなのでちょっとだけ孫姫の顔を見に寄りたい・・って連絡をしてありました。
たまたま、息子も代休で家にいて、2時間ほど孫姫の顔を見てから、20時前の新幹線で大阪に戻ってきました。
孫姫には、半月ほど前に義父の法事で会ったばかりでしたが、おもちゃに興味を示すようになっていて、また少し成長した気がしました。

今回も、考え抜かれた構図、色使い、丁寧で細かなキルトライン・・・素晴らしい作品をたくさん見ることができて、また刺激になりました。
今年も行けたことに感謝です。。。。

コメント

No title

キルトフェスティバル、行くことができてよかったですね。
そしてお孫ちゃんにもお会いできて(^^♪

今年もいろんなキルトに圧倒されましたね。
アンティークキルトは状態もよくて、
素敵なキルトが多くて感動しました。
やりかけ少しでも減らさなくちゃ~って思います💦


きのぴとさんへ

前日まで迷って、結局日帰りになりましたが、今年も行くことができて良かったです。
孫姫の顔も見て帰りたかったので、ドームの滞在時間もいつもより短かくなってしまいました。

アンティークキルトの状態、本当に良かったですね。
長い年月が経っているとは思えないくらい綺麗でした。

大きな作品からは遠ざかっていますが、やりかけのキルトを仕上げなくては、って私も思いました。




非公開コメント
プロフィール

kyo

Author:kyo
大阪府豊中市在住。
自宅で小さな教室を開いています。
ちょっと作ってみたいものがあるのだけどという方、一作品のみの授業もお受けいたします。お気軽にお問合せください。
お問い合わせは、↓のメールフォームからどうぞ。

(財)日本手芸普及協会 
パッチワーク指導員

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Pagetop