大山崎へ

20160321

連休二日目の昨日、久しぶりにハイキングシューズを履いて、歩いて来ました。

行先きは、阪急の駅に置いてあるこんなパンフレットを参考に、「大山崎」へ。
P1120683.jpg

阪急京都線の「大山崎」の駅から歩き始めて、再び大山崎の駅に戻ってくる4キロあまりのコースでした。

P1120649.jpg
離宮八幡宮
DSC03155.jpg
製油発祥の地なので、油祖神の像があります。
DSC03156.jpg
製油メーカーからの製油缶が奉納されていました。

DSC03160.jpg
関大明神

P1120652.jpg
サントリー山崎蒸留所
見学は事前申し込みが必要なので、またの機会に。

JRの踏切を渡って、線路沿い少し歩いた後、山に向かう坂道へ。
P1120654.jpg
この道は、天王山山頂へと続くハイキングコースの入口です。
このコーズの途中にあるのが、宝積寺(ほうじゃくじ)です。

P1120658.jpg
宝積寺(ほうじゃくじ)

P1120661.jpg
山崎の合戦の際、ここに本陣を置いた秀吉が一夜で建立したという三重の塔

宝積寺の境内から出て、坂道を下って、アサヒビール大山崎山荘美術館へ。
P1120665.jpg

大正から昭和初期に、実業家・加賀正太郎が別荘として自ら設計して立てた英国風の山荘が美術館になっています。
DSC03195.jpg
中には、モネの睡蓮、ゴッホ、ピカソ、シャガール、モディリアーニ、ルノワール・・などそれぞれ1~2点ですが、絵画に詳しくない私でも知っている作家の絵が展示されていました。
また、建物がとても素敵で、大きな柱は重厚感があって、素晴らしかったです。

DSC03207.jpg
広い敷地で、庭園も綺麗でした。

そろそろお腹がすいてきたね・・・って言いながら、お弁当を広げる場所を探しながら、観音寺へ向いました。
観音寺の側まで行くと、公園があって、テーブルと椅子もあったので、そこでお昼に。
最近は、もっぱらおにぎらずのお弁当です。簡単ですから。。。

休憩の後、観音寺(山崎聖天)へ。
P1120671.jpg
長い石段が見えています。
桜の木が沢山ありました。あと1週間もすれば、綺麗でしょうね。

P1120675.jpg
石垣が綺麗に積まれています。

DSC03213.jpg

DSC03218.jpg

DSC03215.jpg
別な登り口にはこんな急な石段もありました。
帰るのには近道だ思うけれど、この石段を降りるのはちょっと怖いので、上がって来た石段を降りました。

見学場所はここでお終いなので、大山崎の駅へ向いました。
歩き始めた頃は、あまり日も差してなくて、ちょっと肌寒い感じでしたが、このころには日も差してきていました。

こうやって歩きに行く時は、お寺に行く事も多いので、ご朱印帳も持って出かけます。
今回は、宝積寺でご朱印をいただきてきました。

家についたのが、14時半頃・・・。
夕方までちょっとゆっくりできるので、このくらいがちょうどいいかも。。。


コメント

非公開コメント
プロフィール

kyo

Author:kyo
大阪府豊中市在住。
自宅で小さな教室を開いています。
ちょっと作ってみたいものがあるのだけどという方、一作品のみの授業もお受けいたします。お気軽にお問合せください。
お問い合わせは、↓のメールフォームからどうぞ。

(財)日本手芸普及協会 
パッチワーク指導員

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Pagetop