イタリア旅行 7

20100513

一時間後、集合時間に、3組がきちんと揃って、ゴンドラ乗り場へ。

添乗員さんから、
「ゴンドラは2槽あって、4人と2人に別れて乗って頂いて、2人の方にアコーディオンと歌手の方が乗ります。ご家族の代表の方でジャンケンしてください」と。
「あら、それはもちろん新婚さんよね。どうぞ~~。」って私ともう一人の奥さまが同時に。
いい思い出作って頂きたいですものね。
ひとつのツアーに一つ、アコーディオンと歌手を一人お願いするんだそうです。

イタリア 15 (2)
ゴンドラの乗り場はあちこちにあるようですが、私達はここから出発です。

イタリア 8  
イタリア 11
狭い水路を進んで・・・
後ろから、新婚さんのお二人が乗ったゴンドラが来ているので、いい具合に音楽が聞こえてきます。

イタリア 6
リアルト橋の所まで出てきました。
広くなったので、もうひとつのゴンドラが並走してくれています。

イタリア 5
歌手の方の乗っているゴンドラはあまりないので、新婚さんお二人も、他の観光客の方にしっかり写真を撮られていました。
これが、中年おじさん、おばさんでは、絵にならないですよね。(笑)

40分程度ですが、カンツォーネを聞きながら、楽しい時間でした。


その後、2時間程度の自由行動になりました。
ランチも自分達で・・・でも観光優先なら、何か買って、帰りの船で食べてもいいですよ、って添乗員さんのお言葉。

なので、私達は、観光優先。
ゴンドラから見た、リアルト橋を見に行きました。
狭い路地のような道に、お店がたくさん並んでいました。

あちこちお店を覗きながら広場に戻る途中で、ピザを買ってお昼ご飯にしました。
イタリア 13  イタリア 14

そして、ジェラートも。
イタリア 15

秋、冬に多いそうですが、水位が上がると、水浸しになるヴェネツィア。
これは、その時の通路になる台です。
積み重ねて置いてありました。
イタリア 13


再び水上タクシーで、バスの待っている駐車場近くまで戻り、
260キロ離れた、フィレンツェに向かって出発しました。

バスの中では、寝たり、車窓を楽しんだり・・・3組なので、すごく静かでした。
私達は、車窓も楽しみたいので、結構起きていて、外を眺めていることが多かったです。

次の都市が近づいて来ると、添乗員さんが、街の説明をしてくれました。
お話の仕方が上手で、声も落ち着いていて、とっても聞きやすかったです。

フィレンツェに到着後、夕食のレストランに向かう予定でしたが、
高速道路も混んでなくて、予定より早く、充分明るいので、
明日訪れる予定の「ミケランジェロ広場」に先に行くことになりました。

イタリア 14
イタリアの道路は、一番左端が駐車スペースになっていて、その為に渋滞になったりすることもあるようです。
地下に遺跡があったりして、地下駐車場も作れないので、駐車場不足が課題のようです。
車を買っても、日本のように、車庫証明はいらないそうです。

イタリア 15   イタリア 21
ミケランジェロ広場から、フィレンツェ市内が一望できます。

夕食は郊外のレストランで。

イタリア 8 イタリア 7
途中、生演奏もありました。
この歌手の方、歌い終わって、CDを持って、近くにいた中国人の団体の方へ。
けっこう売れてました。写真を撮ったり、サインをしたり、大人気。
「中国のかたの所へ行って正解!! 私達じゃあ、買わないものねぇ。」なんて皆で言いながら見ていました。(笑)

メニューは
イタリア 2  イタリア 3
 野菜スープ       フィレンツェ風骨付きステーキ
イタリア 4  イタリア 6 

食後、ホテルへ。
フィレンツェ郊外の、「ヒルトン フローレンス メトロポール」。
イタリア 10  イタリア 11

今回の旅行で泊ったホテルで、ここだけ、ティファールの湯沸かしポットとネスカフェのインスタントコーヒーがお部屋に置いてありました。

今日もいいお天気で、楽しい1日でした。

コメント

うっかりしていたらもう7回だぁ~~
続けて読まなくては^^;。。。

あちらでも渋滞ってあるんですね、ちょっとビックリしました!

食べ物はほんとに私好み~~

ハウステンボスとディズニーシーみたい??
っていったら怒られちゃう???
それくらい日本は真似が上手♪

konさんへ

実はここで半分なんですよ。
なんだか思ったより長くなちゃいそうです。
自分達の記録っていうか、頭の整理っていうか・・・
旅が終わって、半月も経つと、1日のうちでも行った順番があやふやになっていたりして・・(笑)
お付き合いくださって、ありがとう。

NO TITLE

イタリア旅行 素晴らしいですね
お料理も美味しいですし
最高です

ryuji_s1 さんへ

初めまして。
初めてのイタリアでしたが、どの町も歴史があって、建物も素晴らしかったです。
馴染のないパスタも美味しく頂いてきました。
非公開コメント
プロフィール

kyo

Author:kyo
大阪府豊中市在住。
自宅で小さな教室を開いています。
ちょっと作ってみたいものがあるのだけどという方、一作品のみの授業もお受けいたします。お気軽にお問合せください。
お問い合わせは、↓のメールフォームからどうぞ。

(財)日本手芸普及協会 
パッチワーク指導員

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Pagetop