イタリア旅行 6

20100512

四日目です。
今日も朝からいいお天気
観光を始めてから、お天気に恵まれています。(*^_^*)

北海道と同じ位の緯度で、季節の変わり目は大阪の1カ月前の気候と思ってください・・
なんてパンフレットに書いてあったので、冬物のセーターや、薄いコートも持っていましたが、
そんな物の出番はなくて、半袖を持って来た方が良かったような・・・そんな日が続いています。

宿泊したメストレ地区のホテルは、ヒルトン系の「ラグーナ パレス」。
並んで立つ2棟の間に、ヨットハーバーがありました。
イタリア 45

そして、今日はヴェネツィア観光です。
ホテルを8時にバスで出発。
イタリア 1
リベルタ橋を渡って・・・見えてきました。

観光バスの駐車場で、バスを降りて、そこから水上タクシーで、サン・マルコ広場近くへ向かいました。
水の都、ヴェネツィア。人や物をのせた、たくさんの船が行き来していました。
イタリア 17 イタリア 16

イタリア 2
サン・マルコ広場の鐘楼が見えてきました。

ドゥカーレ宮殿の前で、ガイドさんと待ち合わせ。
日本語のとても上手な、イタリア人の女性でした。
イタリア 1 (2)  
ドゥカーレ宮殿 
ヴェネツィア総督の政庁だったところです。
いくつもの評議員場や、大会議場がありました。
密告状を入れるポストのような穴も・・。
宮殿の中から、牢獄(写真右の方)へつながる「ため息橋」も渡りました。  

イタリア 1
ドゥカーレ宮殿 中庭 奥に見えているのはサンマルコ寺院 

イタリア 10  イタリア 11
ドゥカーレ宮殿 内部の階段  (階段部分以外の内部は撮影禁止です)
イタリア 8  イタリア 5  
サン・マルコ寺院

イタリア 4 (2)  
サン・マルコ寺院の2階バルコニーから見た、サン・マルコ広場

サン・マルコ寺院を出て、ヴェネツィアングラスの工房へ。
工房へ着いた所で、現地のガイドさんとお別れ。

イタリア 7 (2)
まるで飴細工のように、取って付きのグラスや馬の置物を、あっと言う間に作って見せてくれました。

この後、ゴンドラの予約時間まで空きが出来たので、1時間の自由行動となりました。

私達は、サン・マルコ寺院の向かい、広場の反対側にある、「コッレール博物館」へ。
イタリア 1 (2)
修復中で、トラサルディの大きな看板がかかっています・・・。

中が広くて、時間も少なかったので、駆け足で見て回りました。
すごい物がたくさんあるようなのだけれど、ガイドさんもいないし、説明文も読めないし・・・でした。



コメント

ほんと、ガラス細工と飴細工はイコールですよね^^
作られてる方が違いすぎるけど^^;・・・失礼^^;???

抜けるような青空~~
普段の行いがバッチリなんですねぇ~~

konさんへ

飴細工みたい・・って思わず口に出してしまいました。(笑)

お天気が良かっただけでなくて、日差しも強くて・・・(>_<)
暑かったです。
非公開コメント
プロフィール

kyo

Author:kyo
大阪府豊中市在住。
自宅で小さな教室を開いています。
ちょっと作ってみたいものがあるのだけどという方、一作品のみの授業もお受けいたします。お気軽にお問合せください。
お問い合わせは、↓のメールフォームからどうぞ。

(財)日本手芸普及協会 
パッチワーク指導員

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Pagetop