ラスク

20100221

梅田の阪神百貨店に行くと、お菓子売り場にいつもなが~~い行列ができています。
ちょっと前まではバームクーヘンの列だったのですが、この頃はラスクの列。
群馬県高崎市の「ガトーフェスタ ハラダ」のラスクです。

一度食べてみたいな・・・って思いながら、なが~~い列に並ぶ気にもならなくて、横目で見て通っていました。
でも先日、パンの先生から、ネットでも買えるみたいだと伺ったので、早速ネットで検索。
丁度実家に行く予定があるので、お土産に注文しました。
注文してから配送までに10日位はかかるようですが、送料もそれほど高なくて、1時間も2時間も並ぶことを考えると、こちらの方がずっといいかな。

お味見は実家で・・・と思っていたら、注文した数日後、同じマンションのお友達が、「ラスクもう食べた??」って言って届けてくれました。
お母様が並んで下さったそうです。

サクサクとしていて、とってもおいしいラスクでした♪

2.21 001
チョコが付いたのもあるようですが、お友達によると、それは甘くて、いくつもは食べられないとか。
このプレーンがおすすめだそうです。

お土産のラスクも、日時指定した通り、今朝実家に届いたようです。
で、明日から2泊3日、祖母の法事があるので、実家に行ってきます。

糸巻きのタペ

20100216

ちょっと前の暖かさはどこへやら・・・寒い日が続いています。

バンクーバーオリンピックも始まりました。
普段スポーツを見ない私も、オリンピックは別。
馴染のないスポーツを見るいい機会になっています。
中でも楽しみはやっぱりフィギュアスケート♪
男子も女子も3人・・・でもやっぱり真央ちゃんの演技を楽しみにしています。


「パッチワーク倶楽部」の企画、糸巻きのパターンのチャレンジキルト・・・
昨年末に返却されて来ていました。
掲載していただくのは、先月号から3回に分けてなので、まだ先になると思います。

2.16 003

真ん中の部分は、ソーイング柄の布を見つけたので、それを利用して・・。
切り抜いたので、残りの布は穴だらけになってしまっています。(笑)

ロータリーカッターの部分も、ボーダーの四隅と同じ糸巻きのパターンです。
2.16 007
60×60のミニタペですので、楽しんで作りました。
チャレンジキルトは、課題と期限があるので、のんびりと針を持っている身には、ちょっと刺激になっていいかも。


先日のソーイングボックス用に、同じヘキサゴンでピンクッションを作りました。
針はマグネットのケースに入れて持ち運びますが、縫っている時は、ピンクションがあった方が作業が楽ですから。

2.16 009 
2.16 016  
反対側はこんな感じ。



ソーイングケース

20100210

先日から繋いでいたヘキサゴン・・・こんな感じになりました。
ソーイングケースです。

小学生の学校用の針箱は、ちょっと前からこんなソフトケースになっているみたいです。
これに、ピースワークやアップリケをしたものを表面にまつりつけたものが、昨年あたりからあちこちのキルトショップで見かけるようになりました。
針仕事をする人は、いろんなことを考えるんだな、なんて見ていたのですが・・・・
先月、神戸の針仕事展に行った時に買って来ました。


2.10 003   
反対側はこんな感じです

2.10 004   
普通の針では縫いつけにくいので、釣り針のようなカーブの針を使いました。
でもこれが使い慣れないので、持ちにくくて・・・・結構大変でした。

中は整理しやすいようになっています。
2.10 008     2.10 009


まだ、道具の指定席を作っていないので、とりあえず入れてみましたが、結構いろいろ入れられそうです。
今まで、缶を携帯用のお針箱にしていましたが、カタカタと音がするのが難点・・・。
サークルに行く時に、これを使おうかなと思っています。

パン教室

20100204

今日はパン教室に行ってきました。

今日のパンは「チョコハート」と「アーモンドペストリー」。
2.4 006
どちらも、ロールインバターを包んで、伸ばして、冷蔵庫に入れて冷却して、また伸ばして、たたんで・・・と手間のかかるパンです。でも、とっても美味しいです♪

「チョコハート」は、チョコシートとチョコチップが入って、さらに上にクーベルチュールチョコをかけて、名前の通りチョコがいっぱいのパンです。
中はしっとりで、形もバレンタインの時期にぴったりです。

「アーモンドペストリー」は、中のクリームにも、トッピングのチョコもアーモンド風味の、サクサクペストリーです。

お楽しみメニューは、これまたバレンタインにぴったりの「ラム~ボール」。
2.4 004
ラムレーズンと、ラム酒が入った、大人のチョコです。
まわりに、16割アーモンドをまぶして、粉糖をふっています。

チョコの下の茶色の紙・・・チョコパーチて言うんだそうです。
当たり前だけど、ちゃんと名前があるんですね。
材料を買ってきたので、今年のバレンタインは、昨年教えていただいた「パリの石畳」とこれを作ろうと思っています。


そして、今日のサラダは「豆腐とアボガドのサラダ」。
2.4 001
豆腐、アボガド、ゆでたまご、エビ、ミニトマト、サニーレタス・・・
そして、上に揚げたしらす干しがかかっています。
これがカリカリとした食感で、とっても美味しい♪
そして、ドレシングのポイントは胡麻油とゆずこしょうでした。

先生が出してくださるサラダは、いつもバランスよく食材が入っていて、それだけでもメインになりそうなサラダばかりです。
月に1回、教室に通い始めて3年半くらいになりますが、今まで同じサラダは出たことがない、メニューの豊富さがすごいです。
パンはあまり焼かないけれど、教えていただいたサラダは我が家の食卓にも上っています。




パチワークの方は、昨日から1.2cmのヘキサゴンを繋いでいます。
2.4 005

ふうせんバック

20100201

今日から2月・・雨が降って寒い一日でした。

ふうせんバック、二つ目が出来上がりました。

2.1 005  2.1 007

黒のモアレを使って、真ん中のパターンは「裁判所の階段」。
ビクトリアン刺繍糸を使って、刺繍を入れました。・・・写真では分かりにくですね。
中は、ちょっと派手に、以前に買ってあった、ケイフ・ファセットの布を使いました。
マチが10cmあるので、たっぷり入りそうです。

最近、小物を作る時は、しつけの代わりに、スプレーのりや安全ピンを使っています。

私が使っているスプレーのりは、その昔スプレーのりが出始めた時のものです。
少し使って、そのまましまっていたのですが、スプレー缶なので、中身がそのままでは捨てるに捨てられず・・・で、とりあえず使い切ろうと思って・・・。
しつけする手間が省けて、楽です。
でもうっかり吹き付けすぎるとキルトする時ちょっと硬くなるのが難点・・・
ただ、バックだと少し硬い位が、布がしっかりしていいようです。

今はもっと改良されて、いい物がでているようなので、次はそれを使いたいと思っています。
でも、今のがなかなか終わりそうにないです・・・(-_-;)
プロフィール

kyo

Author:kyo
大阪府豊中市在住。
自宅で小さな教室を開いています。
ちょっと作ってみたいものがあるのだけどという方、一作品のみの授業もお受けいたします。お気軽にお問合せください。
お問い合わせは、↓のメールフォームからどうぞ。

(財)日本手芸普及協会 
パッチワーク指導員

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Pagetop