ミニキルト

20090428

このところ、「パッチワーク倶楽部」のチャレンジキルトを少しづつ進めています。

なので、ちょっと古いキルトを・・・・。

4.28 001

4.28 010

4.28 011

5年前に、所属するパッチワークの協会の機関誌で募集していたチャレンジキルトに応募したものです。
この回は園部美智子先生の選んだ三種類の布を入れてのミニキルトでした。
布の柄をいかして・・ということだったので、どうしようかと思いながら扇型に布をつないでいたら、
娘が「ドレスみたい」と言ったので、
それをヒントに、ドレスを2枚入れたキルト(50×50)になりました。
バックやリボン刺繍の花束、ビーズ刺繍など、楽しみながら作りました。
で、思いがけず、「園部美智子賞」を頂いた思い出のキルトです。


このところ、ちょっと寒い日が続いていましたが、ゴールデンウィークは気温も上がってきて、お天気は良さそうです。
主人も明日から8連休・・・。
その間、ちょっとブログをお休みします。

皆様、いいお休みをお過ごしくださいね。

パン教室

20090423

パン教室に行って来ました。

今日のパンは、
ポテトを茹でて練り込んだ食パン「ポテトブレッド」と
ココアを入れた生地にチョコチップを入れた「ココアブレッド」。
004.jpg
ココアブレッドは、昔のレシピに卵がプラスされて、以前よりふわふわになったそうです。
レシピもどんどん改良されています。
最初に習った頃は、家でもよく焼いていたのですが、
このココアブレッドは子供たちが大好きだったパンの一つです。

試食の時のサラダは「揚げごぼうのサラダ」。
豆腐、ツナ、玉ねぎ、みつ葉を合わせた上に、素揚げしたごぼうをのせて、ポン酢でいただきました。
素揚げした薄切りごぼうの食感がとっても良かったです。

そして、今日のデザートは今流行の「なまのキャラメル」でした。
009_20090423155207.jpg

手軽に作れるように、今日のレシピでは牛乳ではなくて、コンデンスミルクを使っていました。
なので、鍋を火にかけて混ぜる時間は8分くらいでした。
まだ売られている生キャラメルを食べた事がないので、比べられないのですが、
口に入れるといい具合に溶けて、美味しかったです。

端午の節句

20090422

端午の節句を前に、今年はどうしようかと迷っていましたが、今朝、息子の鎧飾りを出しました。
しかも、10年ぶりのフルバージョンです。(・・・って大げさな・・笑)

4.22 002

4.22 009

この鎧飾りは25年前の息子の初節句に私の実家から贈られました。
転勤で自宅マンションを出てからは、狭くて出すところもなかったのですが、
湿気も気になるので、本体の鎧兜だけをリビングの茶棚の上に出していました。
今朝も、いつものように出そうと思い、全てが入った箱を和室の押入れから引っ張り出したところで・・・・
ふと、今年はお雛様もここに出したから、鎧兜もここに全部出してみようかなと思ってしまって・・・。
屏風の「久しぶり~~」の声が聞こえてきそうです。(笑)
でも、やっぱり狭いですけれど・・・(>_<)

さて、最近のパッチワークは・・・・・
「パッチワーク倶楽部」の企画、「糸巻きのパターン」を使ったチャレンジキルトに取り掛かかりました。
私はいつもある程度決めてから取りかかって、細かいところはやりながら考えるので、
提出締切は9月初めですが、そろそろ始めないとあっという間に期限がきそうです。
今回は60センチ程度のものにしようかなと思っています。

4.22 006

ラミネートのトートバック

20090417

ラミネートのバックが出来上がりました。

4.17 001  4.17 015
縦31×横35×マチ20の大きいバックになりました。
真ん中の留め具は、合皮のテープを2枚合わせてステッチで止め、裏側にマグネット、表側に花のモチーフをかしめで止めて作りました。

かなり大きいバックなので、脇に同じ合皮のテープを細く切ってかしめで付けて、少し折りこむことができるようにしてみました。(あまり大きさは変わらないかも・・・)
4.17 004  4.17 005

これは娘用のバック(たぶん通学用)なのですが、彼女の荷物はいつも重いので、できるだけ丈夫にと思って、底の外側に、かなり厚手の接着芯とラミネート布をもう一枚付けておきました。
4.17 014

バックの中はこんな感じ。
4.17 016
中袋の布には、全て接着芯を貼ってあります。
底に、100均で買ったプラスチック板をカットして入れました、。
買った時に黄色しかなかったので、このところどのバックにも黄色です・・(-_-;)

ラミネートは初めて縫ったのですが、ミシンに付属のウォーキング押えを使ったので、
普通の布のように縫うことができました。
ただ、まち針はラミネートに穴があくため使えないので、クリップやセロテープで止めて作業しました。
印も見えるところには直接書けないので、印をつけたい所にセロテープを貼ってから、ボールペンで書いたり・・・・
セロテープが大活躍でした。


明日は娘の20歳の誕生日です。
10才まではよく熱を出して病院通いばかりでしたが、今ではいろいろな意味で、すっかり逞しくなりました。
いろいろなことに興味を持って動いているようなので、少し離れて見守っていきたいと思っています。

バック

20090414

以前、レースモラのがま口や額を作ってから、教室では「アトリエ木山」ブームが続いています。
皆さん、「アトリエ木山」さんがデパートに出店した時に行って、クッションや額のキットをいろいろ買って来ていました。
今は家元先生の、ポケットのたくさん付いたボディバックのレシピを参考にして、いろいろなポケットの付いたバックを作っています。
本体は「アトリエ木山」さんのクッションなどにも使っている綿麻布がいいとのことで、取り寄せてありましたが、前回の教室で、最新号の「パッチワークレッスン帳」を見て、蓋部分に「モラアップリケ」を入れたいということになり、再びアップリケ用の布も取り寄せました。   

4.14 012   4.14 010
これは、普通の生成の綿麻布を使ってレシピを参考に試作したものです。
写真はありませんが、後ろにもファスナーポケットが付いています。
大ぶりのバックなので、背の高い人や若い人にはいいですが、ちょっと大きいかなということで、これより一回り小さくして作ることになりました。
3月は皆さん忙しくて、明日は久しぶりの教室の日ですが、バック本体の作業がどこまで進んでいるでしょうか・・・。

このボディバックを作っても、取り寄せた布が少し残るので(というより上手に残して)、その後に作りたいと言っているのが、「パッチワークレッスン帳」に出ている↓のバックです。
レシピは載ってますが、アップリケの型紙はなかったので、出ている写真を参考にして、同じように作ってみました。
レシピはマチなしですが、わりと長いバックになったので、私は6センチのマチを取りました。

4.14 001    4.14 004


これと並行して、ラミネートで娘の大型トートバックを作っていました。
口部分の止め具をどうしようかと・・・・
単に内側にマグネットだけだと、たくさん物を入れた時に止められないんだとか。
なので、完成までもう少しのところで止まっています。(ーー;)

4.14 013

娘のバックといえば、あのピンクのバック・・・お友達にも好評だそうです。
作ったみたいに見えない~~って言われるのだとか。
革っぽく見えるからかな、って言ってましたけれど・・。
素材が素材だから、長持ちはしないだろうけれど、表布も格安、持ち手もお買い得品を買ってあったものだから、少しの間でも喜んで持ってくれれば十分です。(*^_^*)


パッチワーク学習会

20090410

今日は、パッチワークの学習会に参加してきました。

2冊の本を使って・・・
まず、ストリングキルトとストリップキルトの違いを知ること。
そして、ログキャビンで、パターンを作る実習。
いろいろなログキャビンが印刷されたものを切り取って、パターンを作りました。

4.10 001


それから、ミシンでペーパーファンデーションのデモンストレーション。
普通はコピー用紙やトレーシングペーパーを使いますが、フリーザーペーパーを使ってする方法を教えていただきました。
見ている時は理解したつもりでしたが・・・・
こればかりは自分で実際にやってみなくてはいけないかなと思います。
で、縫い代を7mmとって余分な所をカットするのに便利な定規を紹介されたので、買ってきました。
これは以前にお友達のブログで見て、どういう風に便利なんだろうって思っていたのですが、
今回実際に先生が使っていらしたので、良く分かりました。
7mmのところに段差があるのがポイントです。

4.10 006

午後からは1:2の長方形や平行四辺形などから、小物やバックの形を考えるというもの。
実際に不織布を使って、それぞれが形を考えました。
オリジナルの形を作るのは、結構難しくて、セロテープで貼って考えるのですが、
貼ったり、はがしたりしているうちに時間がたってしまいました。(>_<)

それから、大阪、京都、兵庫のキルトリーダーズの方の活動報告、
そして簡単なコースターの提案がありました。

久しぶりの学習会、今回は切ったり貼ったりで、楽しく作業をしてきました。
習ったことをうまく生かせればいいのですが、まずはペーパーファンデーションを教えていただいたやり方でやってみようかなと思います。




桜 その2

20090404

昨日に引き続きですが・・・・・・
今朝になって主人が、昨日は桜を見に行けなかったから、見に行こうと言いだして・・・
(仕事が長引いて、結局昨日帰宅したのは0時を過ぎていました。)
午前中は歯科の予約を入れていたので、お昼過ぎてからまた、京都へ行ってきました。

大降りではないけれど、天気予報通りの雨の中、京都行きの阪急電車の中で、
さて、どこへ行こうかと・・・・。
で、嵐山へは何度も行っているけれど、そこから、まだ足を延ばしていなかった「化野念仏寺」に行ってみようということになりました。
桂で乗り換えて・・・・
(主人は毎日この桂の近辺の現場に来ているので、ここまでは定期です)

嵐山に到着。
こんなにたくさん桜があったのかと思う位、いたる所にたくさんの桜がありました。
雨でなかったら、シートを敷いてお花見をする人でいっぱいなんだろうなと思います。
嵐山公園あたりの桜は、満開に近い感じでした。

4.4 027

4.4 001

4.4 004

出発したのが1時前でしたが、お昼ご飯がまだだったので、渡月橋を渡ったところで
お店に入って、「豆腐づくし定食」を頂きました。
お昼にしてはちょっと多かったかも。
4.4 007  4.4 008
炊き込みご飯の中は筍、ピンクと白の胡麻豆腐は桜のイメージで、季節が取り入れられていました。

食事をしながら、窓の外を見ると、嵐山の法輪寺にお参りする、晴れ着を着た十三参りの女の子がたくさん歩いていました。
お参りを終えてから、無言で渡月橋を渡り終えなくてはいけないって事を、子供のころ十三参りをしたというお友達から聞いたことがあります。
せっかくのお参りの日なのに、雨で晴れ着も大変だな、なんて思いながら、可愛い姿を見ていました。

食事を終えて、天龍寺の前を通って・・・
このあたりの桜は、木によって満開だったり、5分咲き程度だったり・・・。
お決まりの竹林の中を通って、洛柿舎の前を通り・・・・・
雨なので比較的人の少ない嵯峨野の道を化野念仏寺へ向いました。
4.4 011   4.4 012
サスペンスドラマで出てくるのは、この庭ではなくて、お地蔵さんがたくさん並んだところですが・・。
ここにもしだれ桜がありましたが、まだ、3分咲き程度でした。

化野念仏寺を出て、もと来た道ではなくて、あちこちのお宅にある大きな桜の木を見ながら散策。
清涼寺に到着。
ここは以前にも来たことがあります。
境内の茶店で、主人は名物のあぶり餅、私はこの季節の桜アイスをいただきました。
4.4 021  4.4 022

このあとは再び嵐山に戻って、電車で帰路につきました。
結局1日中雨で、肌寒い一日でしたが、その分ちょっと静かな嵯峨野を散策できたかなと思います。

20090403

桜もそろそろ満開になって来ました。
京都へは、新緑や紅葉の季節は何度か行っていますが、
桜の季節は、まだ行ったことがありませんでした。
お友達に、ライトアップもきれいだと聞いていたので、
一度行きたいなと思っていたのですが・・・。

今日はいいお天気で、明日は雨の予報・・・
ならば今日しかないかなと、午後遅くから出かけました。

5時頃、四条河原町へ到着。歩いて清水寺へ向かいました。

4.3 001  4.3 003
四条大橋の手前の木屋町通り、高瀬川沿いの桜並木

4.3 008
三年坂のしだれ桜も満開・・・・夕方なのにたくさんの人・人・人


清水寺のライトアップは午後6時半から。
6時前に着いた時には、チケットを買う列ができていました。

4.3 009
そろそろ日没・・・

4.3 016

4.3 019  4.3 020
舞台の下もライトアップ                  池に桜が映って・・・・・

清水寺では、御本尊の十一面千手千眼観世音菩薩様が御開帳されていて、
次は24年後だそうなので、願い事を書いたろうそくを供えて、お顔を拝見してきました。

清水寺を出たところで、主人からメールが入っていました。
仕事の終わった主人と合流して、一緒に帰ろうと思っていたのですが、
電話を入れてみると、決算処理でもう少し遅くなるとのこと。
先に帰る事にしました。

4.3 031  4.3 029
帰りに再び通った木屋町通りの桜。  ライトアップされててきれいでした。

欲を言えば、桜の下でお弁当を食べるお花見がしたいなって思います。
そういえば、子供のころは、毎年ご近所揃ってお花見に行っていました。
田舎だったので娯楽が少なかったからかな。
楽しかった思い出の一つです。

今日から4月・・・

20090401

今日から4月、新年度が始まりました。

娘の大学では今日が入学式・・・・1年前を思い出します。
お天気は良かったですが、やはりちょっと肌寒い感じでした。
主人は娘の幼稚園の入園式以来(・・・たまたま土曜日だったので)、
これで最後だという思いから、めずらしく休みをとって娘の入学式に出席しました。
出席といっても、学生と親が全て入れる施設はないので、
別室でビデオ中継されるのを見るという、何とも味気ないものでした。
もちろん事前にそれは解っていましたけれど。
それに娘は行きも帰りも友達と一緒で、写真を撮った以外は全くの別行動でした。

大学側も昨年度の合併で学生の人数が増えたのと、出席する父母が多くなったので、
今年の卒業式から、学外の施設を借りることにしたようです。
父母の出席について、先日も新聞で過保護という意見もありました。
大学生の入学式や卒業式に親は必要ないのはわかっていますが、
過保護といわれても、この目で見届けたいという思いもあるので、
物理的に可能なら、私はやっぱり卒業式にも行きたいなと思っています。
って言ってますが、息子の卒業式には行ってなくて・・・・
息子は卒業式前に、就職先の地へ転居も済ませていて、
出席しても別行動になるし、親は何もすることもないし・・・と思って行かなかったのですが、
今になって、最後の締めくくりだったから、見届ければ良かったかなと。
その息子・・・今日は25歳の誕生日です。
そして、今日から社会人4年目に。
普段は全く音沙汰なしですが、健康で充実した1年になればいいなと思います。


先日、デパートに立ち寄ったら、福岡県の「flower basket」さんが出店されていました。
ドレスデンのコインケースのフリルが可愛くて、レシピの付いたフリルコードの切り売りがあったので買ってきました。
布は、この前のポーチにも使った、インテックスで買った「キルトゲイト」さんの布で。

4.1 001
これにファスナーを付けて、マチをつまんで・・・・・

4.1 003

手持ちの白いビーズと生成りのシルクの刺繍糸が足りそうになかったので、
もうひとつはグレーの刺繍糸にアンティークゴールトのビーズにしましたが、
やっぱり白の方がいいかな。

プロフィール

kyo

Author:kyo
大阪府豊中市在住。
自宅で小さな教室を開いています。
ちょっと作ってみたいものがあるのだけどという方、一作品のみの授業もお受けいたします。お気軽にお問合せください。
お問い合わせは、↓のメールフォームからどうぞ。

(財)日本手芸普及協会 
パッチワーク指導員

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Pagetop