今年最後のお寺参り その2

20081229

昨日の続きです・・・

観音正寺を断念して、帰ろうと大阪に向かう電車に乗りましたが、
野洲、草津と戻るにつれて、雪もなく天気もまあまあ・・時折日がさしたりもして・・・。
時計を見ると、まだ2時前・・・
このまま帰るのももったいないかなと思い、途中の大津で降りてみることにしました。

大津駅から少しあたりを散策してみることに。
14 大津 (2)
琵琶湖

14 大津 (3)
こんな可愛いものも見つけました。「わかった!入らないからね」って声をかけちゃいそうです。

14 大津 (5)
琵琶湖疎水

大津の町を歩いていてビックリしたのは、京阪電車が、普通に道路の真ん中を走っていたことでした。
1~2両の路面電車なら見た事がありますが、普通の電車でした。
写真をとりそこなったのが残念です。

そして、ここ大津にも「西国14番札所 園城寺(三井寺)」があります。
2月のバスツアーの予定に入っているのですが、せっかく来たのだからと
参拝することにしました。

14 三井寺 (3)    14 三井寺 (14)
屋根の美しい金堂は国宝です。
この三井寺には、たくさんの重要文化財があります。
お正月の準備がされている途中でした。
年越しには、「三井晩鐘」で知られる重要文化財の鐘の音が響くことでしょう。

三井寺の広い境内を見て回って、最後に「西国14番札所」の観音堂へ。
14 三井寺 (22)
ここからも、琵琶湖を望む事ができました。


今年5月に始めた西国巡礼ですが、お参りしたお寺は25ヵ寺になりました。
来年も満願目指して、夫婦二人、元気でお参り出来ればいいなと思います。


今年6月にブログを始めて、半年が過ぎました。
お付き合いくださった皆様、ありがとうございました。
おかげさまで、今までと違った、楽しい時間を過ごすことができました。
来年もよろしくお願いいたします。
2009年が、皆様にとって良い年になりますように。(*^_^*)

今年最後のお参り その1

20081228

昨日から主人もお正月休みに入りましたが、特に予定もないので、
今日は今年最後の西国33ヵ所のお寺参りに行ってきました。

行き先は、琵琶湖のほとり、近江八幡にある「西国第31番札所 長命寺」。
今年5月、長浜・彦根旅行の時に「西国30番札所 宝厳寺」に立ち寄った事が私たちの西国お寺参りの始まりでした。
いつも利用しているバスツアーの予定では、この「宝厳寺」と「長命寺」がセットになっているので、ならば「長命寺」は終えておこうということに・・・。

天気予報ではお天気もまずまずという事で、大阪駅から米原行き新快速で、近江八幡へ・・・。
ところが、大津を過ぎ、近江八幡が近づくにつれて、外は雪化粧・・・。\(◎o◎)/!
近江八幡駅で降り、路線バスで長命寺を目指しました。
途中の田畑も真白。その上、小雨もぱらついてきて・・。
31 長命寺 (1)

長命寺のバス亭に到着。ここから808段の石段を登ります。
車で来ると、もっと上の駐車場まで登る事が出来て、そこからだと100段ほどだそうです。
私たちのほかに、もうひと組のご夫婦がいらっしゃいました。
そして、トレーニングに来ている高校の陸上部の生徒さん達もいました。
彼らはこの石段を駆け上がって、おまけに何往復かしているようでした。すごい!!

31 長命寺 (2)  31 長命寺 (24)
ここから登り始めます                  ちょうど真ん中あたりです

31 長命寺 (21)  31 長命寺 (7)
雪が残っていて、滑りそう・・・。気を付けて・・。   ようやく本堂が見えてきました。

31 長命寺 (18)  31 長命寺 (19)
手水舎の前で、可愛い雪だるまが迎えてくれました。

31 長命寺 (12)     31 長命寺 (11)  

普段でも登りにくい石段なのですが、雪が残っていて滑りそうで、ゆっくりゆっくり、登りました。
おまけに、雪が降った時、風もすごかったようで、竹林の竹や、石段脇の木がたくさん倒れていました。
こんなに雪があるなんて思ってもみなくて、時折小雨もぱらついて、今までで一番天気の悪いお参りとなりましたが、無事お参りできたので、良かったです。

再びバスに乗って近江八幡駅へ。
「西国32番 観音正寺」を目指して、まず電車で二駅先の能登川駅へ向かいました。
能登川駅も雪で真白、小雨も降っていました。
観音正寺へはバスで麓まで行って、1時間弱、石段や山道を登る方法と
車で上の駐車場まで行って、そこから15分程度歩く方法があります。
今日の天気を考えると、タクシーで上の駐車場まで行ってもらった方がいいだろうと考えて、
タクシーで向かいました。
ところが、雪が思ったより多くて、細い山道は車でもやっぱり無理・・・。
残念ながら、参拝は断念、そのまま駅まで引き返す事になってしまいました。
運転手さんの話では、この雪はおととい急に降ったもので、それまでは雪もなく暖かかったんだそうです。
出来れば頑張って下から自分の足で上がりたいと思っているので、春になって来るか、来年秋予定のバスツアーを利用するかしたいと思います。

続きはまた明日・・・。




完成です♪

20081226

今朝は冷え込みました。
ゴミを出しに行ったら、雪のようなものが少しだけチラチラ。
そして、お昼前にはあられが音をたてて降ってきました。
今年一番の寒さでしょうか。

さて、完成です・・・て言っても、私ではなくて・・・娘の友達、Sちゃん。
昨日、ペンケースが完成したので、写真を撮らせてもらいました。

12.25 001

12.25 002

赤系の四角つなぎで、中は傘の柄の布で中袋をつけ、可愛いペンケースになりました
初めての作品ですが、ホントに丁寧な作りです。もともと器用なんですね。
汚れないように使わなくっちゃ・・なんて言っていました。
教室で、こんなペンケースが机の上にのっていたら可愛いでしょうね。
基本ですが、こんな端切れ利用のスクラップの四角つなぎ、やっぱりいいですね。
私もポーチを作ろうかな、なんて気になりました。
彼女は今、棒針でマフラーも編んでいて、丁度持っていたので見せてくれました。
これからも手作りを楽しんでもらいたいなって思います。

クリスマス

20081224

今日はクリスマスイブ
子供たちもいないし、夫婦二人のクリスマスは結婚した年以来です。

子供たちがサンタさんを信じていた小さい頃、夜中にそっとプレゼントを置きに行ったあの頃が懐かしいです。
娘がかなり大きくなって、クリスマスプレゼントを親からもらうようになってからも、
それとは別に、ちょっとした小物やお菓子の入ったブーツを枕もとに置いたりした事もありました。
それはそれで、ちょっと嬉しかったようです。

今日は平日だし・・・主人は何時に帰ってくるかわからないし・・・・
何もしないでおこうかと思いましたが、思い直して朝からパンとケーキを焼きました。
本当は台所のお掃除をしようかと思ったのですが、逆に散らかしてしまう事に・・・。

普段ほとんど焼かない私ですが、クリスマスのこの時だけは「クリストシュトーレン」を。
そして、ケーキは今月のパン教室で教えていただいた、「フロマージュ」。
クリームチーズのクリームを薄いスポンジではさんでいます。
教えていただいた時に買ってきた、15センチのセルクル型で作りました。
パンの先生がおっしゃるには、最近のケーキは、サイズが小さいものが好まれるんだそうです。
クリスマスケーキのカタログでも、昔多かった21センチは見なくなって、18センチも少ないようです。
で、教室でも15センチ。
今の我が家、これで十分です。

12.24 004

夕飯は、主人のリクエストで昨日すでに買ってある、クリスマス定番の鶏の骨付きもも肉を焼いて、カボチャのポタージュと何か簡単なサラダの予定。
シュトーレンは明日の朝食に頂くことにします。

MERRY ☆ CHRISTMAS

西国33ヵ所巡礼バスツアー 

20081222

昨日21日は、第三回西国巡礼バスツアーに参加してきました。

いつもの通り、朝8時20分に集合。
比較的近い大阪府と奈良県の合わせて5ヵ寺に行ってきました。
昨日の参加者は39名、先達さんは3回目にして初めて、女性の方でした。
運転手さんは、小泉元首相をもう少し細くした感じ・・・(と主人が言っていました)でした。

まず、大阪府藤井寺市にある、第5番札所 葛井寺(ふじいでら)へ。
バスの駐車場から、先達さんの先導で住宅街を5分くらい歩いて到着。
回りには小さな古墳がたくさんあるようです。
御本尊は、国宝の「十一面千手千眼観世音菩薩」。
秘仏なので、普段は見ることはできませんが、昨日は12月18~21日のご開帳の最終日にあたり、運よく拝むことができました。
大中小合わせて1043本の手を持っておられます。1000本を超す背中の小さな手がすごいです。

5 ふじ井寺


次に向かったのは、奈良県桜井市にある、第8番札所 長谷寺と、番外札所 法起院。
バスを降りて、長谷寺に向かう途中に、法起院があります。
まず、法起院に立ち寄りました。
ここは、西国巡礼の開祖、徳道上人が晩年、隠棲された地とされているそうです。
こじんまりしたお寺でした。

番外 法起院

法起院から歩くこと5分、長谷寺に到着。
仁王門から本堂へは、屋根の付いた約400段の緩やかな石段「登廊」が続いています。
この「登廊」がきれいで見事でしたが、この緩やかさと微妙に広い石段の幅は、歩調に合わず、
ちょっと歩きにくかったです。
御本尊は、高さ10メートル余りの「十一面観世音菩薩」。さすがに大きいです。
こちらもご開帳期と重なり、拝むことができました。
長谷寺は、牡丹の寺でも有名で花の時期には、登廊の左右を彩るそうです。
今の時期も、冬囲いを施した、寒牡丹が綺麗な花を咲かせていました。

8 長谷寺 (9)  8 長谷寺 (8)
仁王門 ここからすぐに登廊が続きます         こちらは帰りの下りの写真です

8 長谷寺 (6)
左が登廊の終点           正面は本堂

8 長谷寺 (3) 
冬囲いされた牡丹
8 長谷寺 (11)
バスへの帰り道買ったおこわ饅頭

バスに戻ると、お昼のお弁当が配られていました。
量が多い!!なんて言いながらも完食!!
そして、バスツアーの時は、子供の遠足のようにおやつも持って行きます。
これだから、少しくらい歩いても、少しずつ増加傾向にある体重は元にもどらないです・・・(ーー;)

次は、長谷寺から走ること30分余りの第6番札所 壺阪寺。
御本尊は眼病に霊験あらたかな「十一面千手観世音菩薩」です。
このお寺は浄瑠璃「壺坂霊験記」・・盲目沢市の目の回復を願って観音様参りをした妻お里の夫婦愛の物語で、その名が知られるようになったそうです。
沢市が使ったという、杖も置かれていて、それを触ると夫婦円満ということで、一応(笑)さわってきました。主人にも強要して・・・・(笑)。
そして、私はこれからずっとパッチワークを続けたいので、特に眼病封じのお願いをしてきました。

12.22 001

また、このお寺はインドのハンセン病患者の救済活動に参加している縁で、境内にはたくさんのインドの人の手による石彫がありました。その、サイズの大きいこと!!

6 壺坂寺 (1)

6 壺坂寺 (6)


最後は、第7番札所 岡寺。
ここの御本尊は「如意輪観世音菩薩」。
弘法大師がインド、中国、日本三国の土を使って造ったといわれる、日本最大、最古の塑像です。
土なのに、ひび割れてきたりしにのかな、なんて思ってしまいました。
 7 岡寺 (2)


そして、帰り路、バスツアーのおまけ(?)、柿の葉寿司のお店に立ち寄りました。
試食とお茶を頂いて・・・・お寿司と奈良漬を夕飯に買って帰りました。

昨日のお寺は全て真言宗のお寺で、21日は弘法大師の月命日にあたります。
12月は特に「しまい弘法」と呼ばれているそうで、
先達さんが、「良いお参りになりましたね」といっておられました。
それにも増して、昨日は午後雨予報だったのに、お天気も比較的良くて、バスを降りて自宅の最寄駅に着くまで傘は必要なかったし、途中コートを脱ぐくらいの暖かな日だったことがとても良かったです。

次回1月のツアーは京都市内なので、個人的に回り終えているのでパス。
バスツアーは、先達さんが付いてくださっているので、きちんとお経を唱えてお参りできるし、
効率良く回れるので、次は2月にまた申し込もうと思っています。

まだまだ巡礼というより、観光色の強い私たちですが、夫婦二人の共通の趣味として、
元気で揃ってお寺詣りを続けていけたらと思います。

年末・・・

20081219

以前なら、クリスマスが終わったら新年の準備という感じだったのに、
今の時期、スーパーにはもうクリスマスの物と並んで、すでにお飾り餅やしめ縄が売られています。
今年もあと少しなのだけれど、年々新年を迎えるという、気持ちの引き締まる感じがなくなっているような気がします。
年賀状の受付も始まりましたが、まだ、夜な夜な宛名書きをしている有様。
今年の主人のお正月休みは暦の関係で例年より長いようだけれど、
出かける予定もなく、来客もないので、いつもに増してのんびりです。

カレンダーだけは今日もお米屋さんがくれたし、来年の物がいろいろ揃いました。
たくさんあっても、使うのは毎年決まった二つだけなのですが・・・。
そして、手帳も。
私は↓の「婦人之友社」の手帳を10年くらい使っています。
1か月が見開きで予定を書く所も十分あって、そして何より薄いのが気にいっています。
12.19 001

この1週間は・・・・

先週の土曜日は、主人の会社のアメリカンフットボールチームの応援に、京セラドームへ。
リーグの決勝戦ということで、社員に出来るだけ行って欲しいと応援の要請があり、
ルールも分からないのですが、何事も体験とばかりに、行ってきました。
以前に一度見に行った事があったのですが、その時よりは少し分かったような気も・・・。
試合は残念ながら負けてしまいました。
そしてこれには後日談が・・・・。
お友達のFさんと電話でおしゃべりしていたら、彼女も当日京セラドームにいた事が判明。
ご主人が対戦相手の会社にお勤めだと聞いたような気がしていたのですが、
お互いまさか向こう側にいるとは思っていなかったので、
知っていたらおしゃべりできたのに残念でした。

一昨日はパッチワークのお友達とランチで忘年会。
月1回集まっても、手より口の私たちですが、年に1回の食事会はきちんと忘れずに(笑)。

そして、今日は娘の友達のsちゃんがパッチワークに来ました。
彼女は、今日で4回目・・・ペンケースも次回で完成しそうです。
針を持つことを楽しんでくれていて、キルトは初めてなのに、ゆっくり、丁寧に、針目もきれいです。
おしゃべりもよくするので、会話が途切れることもないし・・・・こちらも楽しいです。
「だんだんと形になっていくので、嬉しい」って言って今日も帰っていきました。(*^_^*)
年内に仕上げたいので、来週もう1日来る予定です。
で・・・娘の方は思っていた通り、忙しくてあれから1回来ただけなので、なかなか進みません。
彼女は最初から予定外だったので・・・・まあいいか。

玄関マットはキルトにかかりました。
が・・・・年内完成は・・・・ちょっと無理かな。

玄関マット

20081211

15×30センチの先染め布のセットを買ってあったので、
玄関マットを作り変えることにしました。
家で使うものなので、シンプルに・・・・ピーシングのログキャビン。
最初2~3枚は手でピーシングをしていたのだけれど、時間もかかるので、
今日は朝からミシンを出して、ペーパーファンデーション・・・・。
滅多にミシンでピーシングはしないので、最初はちょっと怖々・・・
でも手で縫うよりずっと早いので、1日で何とかトップをつなぐことができました。

12.11 001

ログキャビンは久しぶり。
このデザイン、なんだか初心に戻った気分です。

キルトはやっぱり手でしたいので、これからぼつぼつ始めます。
他にやりかけている物もあるのだけれど・・・(-_-;)
年内に仕上げて、お正月から新しいマットに変えられるといいな。

あ~~、でも年賀状の宛名書きもまだだし、お掃除も気になる所がたくさんあるし・・・。
あっという間に今年も終わりそうです。

週末のこと、いろいろ

20081208

寒くなり、朝起きるのもだんだんと辛くなってきました。
今朝はいちだんと寒くて、起きて急いで暖房をつけました。

先週金曜日、主人が親戚の不幸のため東京に行ったのですが、
東京駅でお土産に、ちょっとかわいいものを買って来てくれました。
東京大丸で・・・鎌倉五郎本店の「花の子ぶた」
「抹茶茶碗をふせた様子を、子ぶたの顔に見立てた鎌倉茶人の遊び心を茶菓にした」と書いてありました。
中は胡麻だれを包んだ抹茶あんと、さくらんぼペーストを包んだ桜あんの2種類。
お茶席で出てきたら、思わず笑ってしまうでしょうね。

そして、東京駅の日テレステーションで・・ズーミインとチャーミン♪
我が家の朝は「ズームイン!!」なので、これはリクエスト。
小さいのでいいから・・・って言ってあったのでミニぬいぐるみです。
娘が来たら、連れて帰るかも・・・。

12.8 002   12.8 003

土曜日は・・・中之島へ。
新聞で今年もイルミネーションが始まったって書いてあったので行ってみたのだけれど・・・
実はまだ一部だけで、本格的なのは13日からでした。(-_-;)
写真を撮っている人や見に来ている人も結構いましたが、混雑もなかったし、まあいいかと。
古い建物がライトアップされているのが綺麗でした。

12.8 007 
大阪市役所前のツリー  
12.8 005

12.8 003
中央公会堂

主人個人、連名、私個人、と3種類作る年賀状もようやく印刷を終えました。
宛名は手書きなので、これから夜TVを見ながら少しづつ・・・。
最近の手仕事はあまりないのですが・・・トートバックと残り布のコースター。
そして、アクリル毛糸のたわし。
義母にもらって使ってみたら、カップの茶渋もきれいにとれるので、毛糸を買ってきて
TVを見ながら編みました。もう少し派手な色の方が良かったかな。

12.8 004

パッチワークは・・・・花のマンスリーのキルトもまたちょっとご無沙汰かも。(>_<)
年末に向けて、家の中も掃除や片付けで気になっているところがたくさんあります。
お天気のいい日に少しづつ始めなくては、あっという間に今年が終わってしまいそうです。
まあ、それでも新しい年は来るのでいいかなとも・・・
昔はもっときちんとしていたと思うのに、そんな風に開き直れるようになったのも、
年を重ねた結果かな、なんて。(苦笑)


パン教室

20081204

今日はパン教室に行ってきました。

12月なので、「パネトーネ」、そして「イングリッシュマフィン」。
1次も2次も発酵に時間のかかるリッチな生地の「パネトーネ」と、
ベンチタイムのいらないリーンな生地の「イングリッシュマフィン」の時間を上手に使った
組み合わせでした。
そして、お楽しみメニューはスポンジ生地の間にクレームフロマージュをはさんだ
チーズケーキのクリスマスケーキ

12.4 001  12.4 002

3種類のものを、同時進行・・・いつものことながら先生の手際の良さ
あちこちでタイマーが鳴り、いったい何のタイマーが鳴っているのか???って思っているうちに
先生が次々指示を出されて・・・・
頭の中にタイムスケジュールがきちんと組まれているんだなって驚くばかりでした。

試食ではマフィンをフォークで半分に割って、バターを塗ってちょっとオーブンで焼いて・・
鶏肉のソテーとスライスチーズと野菜をいろいろはさんでいただきました。
バターを塗って焼いたマフィンはそのままでもカリカリとしてて美味しかったです。

今日はお子さんのインフルエンザのため、急遽一人お休みだったので、
お持ち帰りも少し多めになりました。
早速マンションのお友達にもパネトーネを1個お届けして・・・
ケーキは夜もう一度デザートに頂きます。

クリスマスタペ

20081203

昨日に引き続き、古いタペを・・・。

1990年、息子がまだ可愛い小学1年生。
息子をびっくりさせようと、学校に行っている間にごそごそと作りました。
当時娘は1歳・・・側で見ていても、十分なおしゃべりは出来なかったので、
完成するまで、内緒にすることができました。

12.1 022

1年目は、帆布の上にキルト綿を一枚入れた緑のツリーを縫いつけて、
オーナメントをつけるボタンをつけただけのシンプルなものでした。
2年目 金のバイヤス
3年目 空飛ぶトナカイとサンタさん
4年目 メリークリスマス
5年目 梯子に登るサンタさん     と少しづつ楽しみながら増やして行きました。
子供部屋に子供達が全て好きなように飾っていたので、
たまごっちが流行った時は、オーナメントすべてがたまごっちの仲間の小さい縫いぐるみに
なったこともありました。豆っちとか・・・○○っち・・・うーん忘れました。
10年ぶりくらいに出したので、とっても懐かしいです。
もう出すこともないのだけれど・・・思い出があって捨てられない1枚です。

それから・・・好きなブルーを使ったタペ・・・・・
12.1 011  12.1 012
↑これは教室の課題でした
12.1 014     12.1 003
高松の先生に、レシピを頂いて作ったもの         「メーキングキルト」に出ていたタペ
                                   昨年作ったので、今年も玄関の壁に

最後に・・・・・・
今年加わったのは、以前に載せた白いクレージのツリーのミニタペと・・・これ。
12.3 002
函館のクリスマスショップで買ってきた、すご~~くリラックスしているサンタと雪だるま。
そして、真ん中の松ぼっくりは天橋立で拾ってきました。
旅の思い出たちです。




12月・・・

20081202

12月・・・今年も残り1か月です。
お掃除もしなくてはと思いながら、いつもと変わらない毎日。

街に行くと、クリスマスツリーが飾られて、イルミネーションもきれいです。
昨日夕方、薄暗くなっていつもと違う道を帰ってきたら、戸建住宅の並ぶ1件のお宅の木に
イルミネーションがされているのが見えました。
その隣のお宅も点滅しているようなので、どんなのかなって楽しみにその前まで行くと・・・・
ただ、玄関の入り口の電気が切れかかっているだけ・・・・一人で笑ってしまいました。
この季節ならではの勘違い・・・・です。(笑)

家の中もクリスマス飾りに変えました。
そして今年は、毎年狭くても無理して出していた180cmのクリスマスツリー
テレビを買い替えて、いよいよ出す場所がなくなり・・・・・断念。寂しいです。

12.1 006
玄関の飾り

12.1 009  12.1 023
こちらリビング 年々増殖中の雪だるま
全て娘によって名前が付けられていますが・・・覚えられない!!

年々、何かひとつは増えるクリスマスグッズですが、ダンボール一箱に入るだけと決めているので、
古いものは処分してしまったものもあります。
12.1 020
今年は箱の中で待機のグッズ達

そして、これまた箱の中で待機の古いタペです。
20年前・・・1988年に作ったもの。
12.1 016
サイズは80cm角くらいです。
パッチワークを始めて半年、当時習っていた先生が作ったのを見せていただいて、
無謀にも皆で「作りたい!!」ってお願いして・・・・キットを組んでいただきました。
当時はツリーに金色のリボンが何か所かついていたのですが、オーナメントは外して、しまってあるので、リボンがもうなくて・・・・ちょっとさびしい感じです。
バックの白は金色のハートに羽が2枚ついている模様がついたサテン生地。
☆のスパンコールを縫いつけています。
まだまだ初心者だったので、先生の配慮でキルトは少なめです。
でも、みんな初めてのタペだったので、大満足だったのを覚えています。

次の春、娘が生まれて、しばらくはパッチワークもご無沙汰してしまいました。
娘の洋服や小物を作ったりしているうちに、以前習っていた手芸店の方に、「新しい先生がいらっしゃるからまた来ない」って誘われたのが、7年後・・・・。
そして今に至っています。

プロフィール

kyo

Author:kyo
大阪府豊中市在住。
自宅で小さな教室を開いています。
ちょっと作ってみたいものがあるのだけどという方、一作品のみの授業もお受けいたします。お気軽にお問合せください。
お問い合わせは、↓のメールフォームからどうぞ。

(財)日本手芸普及協会 
パッチワーク指導員

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Pagetop