京都へ

20161112

寒い日が続いていましたが、今日は比較的暖かくて、お天気も良かったので、久しぶりに京都へ行って来ました。

京都へは1年ぶりくらいでしょうか。

紅葉はまだ始まったばかりのようですが
紅葉だよりによると、圓光寺が見頃とのこと。
出町柳から叡山電鉄に乗って、一乗寺で下車。
そこから、歩き始めました。
叡山電鉄には、鞍馬や貴船に向かう人が沢山乗っていました。

まず、詩仙堂へ。
20161112211826511.jpg

詩仙堂を出て、つぎは圓光寺。
201611122118274d5.jpg

201611122118290ea.jpg

そして、曼殊院へ。
201611122135094bb.jpg
広い境内のお寺です。
ここは、色づきがまだまだのようでした。

今日は朝の出発が9時半と遅めだったので、この時点で2時半くらい。
ここから修学院駅に向い、叡山電鉄、京阪、阪急、と乗り継いで帰って来ました。
今日歩いた距離は3キロあまりと少なかったです。

京都はいつ行っても観光客が多いですが、紅葉のシーズンとしては今日はまだ少なかった気がします。
紅葉の見頃は次の週末くらいでしょうか。
でも、緑と黄色と赤が入り交じったこの頃の紅葉の方が、私は好きかも。

明石へ

20160521

いいお天気が続きます。

お天気に誘われて、今日は始めて明石へ行って少し歩いてきました。

先日買ったガイドブック↓を参考に・・・・
P1130043.jpg
このガイドブック、よくよく見てみると、7割くらいは今までに歩いたところ・・・・
もっとよく見て買えばよかったな、と反省です。苦笑

暑くなるだろうから、早く出て早く帰って来ようと、朝7時過ぎに家を出ました。
朝早く出る為には、洗濯も、出かける準備も、夜のうちに済ませておきます。

大阪からJRで明石の一つ手前の朝霧駅へ。

コピー ~ P1130020
駅から、海方面への歩道橋を渡ると、明石海峡大橋が綺麗に見えました。
今までは帰省の時に渡るだけでしたので、こうして眺めたのは初めてでした。

海沿いの整備された遊歩道を歩いて行くと、釣りをしている人、ウォーキングやジョギングをしている人、散歩の途中なのか座っておしゃべりしているお年寄り・・・・あ、陰で麻雀をしている人たちもいました。
整備されてて、あちこちに座るところもあるので、皆さん思い思いに過ごしていらっしゃいました。
海からの風が心地良かったです。

明石と言えば、東経135度の日本標準時子午線。
子午線上にはいろいろなモニュメントがありました。

コピー ~ P1130028
子午線の真上に作られた、「明石市立天文科学館」。
コピー ~ P1130029
科学館の入口に・・・
コピー ~ P1130030
時計や宇宙に関する展示が沢山ありました。
でもなんだかよくわからない・・・主人は面白いので今度ゆっくり来たいって言ってましたけど・・・(^_^;)

科学館の裏側に・・・
コピー ~ P1130036

柿本神社、本松寺、上ノ丸教会、などをめぐり、明石城跡へ。
コピー ~ DSC03749
天守閣はなく、櫓だけしかありませんが、とても敷地の広いお城だったことがうかがえました。

魚の棚商店街へ
コピー ~ DSC03753

コピー ~ DSC03755

お昼ご飯に名物「明石焼き」と「タコ飯」を。
コピー ~ DSC03754
話には聞いていましたが、明石焼きは初めて。
ふわふわで、あっさりとして、美味しかったです。(*^_^*)

帰りは、山陽電鉄と阪急電車を乗り継いで、3時頃には帰宅・・・でした。



手仕事はすこしずついろいろ・・・さほどはかどっていません。^^;
モシが残っているので、こんな物も作りました。

kako-JiXnCThO6wgrJE0C.jpg


またまたご無沙汰です。。。

20160511

前回の更新から、もうすぐ1か月になろうとしています。

GWの始まった4月29日、30日は子供達と、伊豆長岡に1泊旅行に出かけました。
4月に60歳になった主人の還暦の記念旅行です。

その昔、義父が還暦の年に、義妹夫婦(新婚でした)と私達家族(まだ息子だけでした)を飛騨高山に1泊旅行に連れて行ってくれました。
なので、主人は自分も還暦の時には、子供達と旅行に行こうと思っていたようです。

当日は、娘と三島駅で待ち合わせをして、伊豆箱根鉄道で伊豆長岡へ。
3人でお昼ごはんを食べてから、宿の迎えまで時間があったので、タクシーで世界文化遺産の韮山反射炉へ。
平成27年に世界遺産に登録された、「明治日本の産業革命遺産」の一つです。

P1120903.jpg

タクシーに待ってもらって見学して、再び伊豆長岡駅に戻ったころ、息子夫婦が到着。
旅館の送迎のマイクロバスで宿へ。

P1120965.jpg
海辺にある旅館「松濤館」は、富士山が綺麗に見えるとのことで選びました。
が・・・お天気はいいのに、富士山の頭あたりに雲がかかって、1日目は見えずじまいでした。

夕食の時間までまだかなりあったので、旅館の隣にある、伊豆三津シーパラダイスへ。
コピー ~ DSC03432

コピー ~ DSC03467

夕食のお祝いの席では、ケーキの予約と、赤いちゃんちゃんこをお借りできるようにお願いしてありました。
着せてみたいな・・・って思って。笑
これは主人へのサプライズ!!
嫌がりもせず、なかなか似合ってました。
あとで、自分のフェイスブックにこの写真をあげていましたが、友達からも、似合ってると。。笑

コピー ~ DSC03487

P1120948.jpg

この日はもう一つサプライズ。
お嫁ちゃんが今年厄年で、厄除けに長い物を贈るといいと言われているので、日常に使える物をと思い、ペンダントをプレゼント。
とっても喜んでくれました。

翌朝、部屋の窓から、少しだけ富士山の頭が見えました。
DSC03499 - コピー
この日も、お天気は良かったのに、結局これだけでした。。。

朝食後、やはり旅館の隣から出ている、遊覧船に乗りました。
駿河湾内を25分ほど遊覧。
P1120970.jpg

その後、旅館の車で伊豆長岡駅まで送ってもらって、伊豆箱根鉄道で三島へ。
息子が夕方東京で用があったので、ここで息子夫婦と別れて、私達も新幹線の指定席のチケットを買ってから、時間まで娘と3人で三島大社へ。
その後、東京へ帰る娘と別れて、大阪に戻ってきました。

もともとおしゃべりの多い家族ではないので、賑やかに過ごしたわけではありませんが、皆がそろって、お天気もよく、主人の念願の旅行ができて良かったです。

連休後半は双方の実家へ行って来ました。

続きを読む

お花見 

20160404

午前中に降っていた雨も、午後になりなんとか上がりました。

土曜日はいいお天気だったので、数日前にテレビで紹介されていた京都府八幡市の背割堤に行って来ました。
京阪沿線はあまり馴染みがないので初めてでした。
ここは木津川と、宇治川に挟まれた堤防で、もうひとつ平行して流れている桂川と三本が合流して淀川になる地点です。
先日歩きに行った大山崎は、ここから丁度桂川を隔てた辺りになります。

P1120715.jpg

P1120720.jpg
約1.4キロにわたって、約250本のソメイヨシノのトンネルです。
満開でした。

P1120726.jpg
到着したのが、10時半頃だったので、まだ桜のトンネルをゆっくり1.4キロを写真を取りながら歩くことができました。
トンネルを抜けた後は、土手を降りて戻りました。
途中で、この桜まつりの会場で買った、タケノコご飯、巻きずし、お稲荷さんでちょっと早いお昼タイム。
帰るころには、大変な混雑になっていました。
ちょっと早めで良かったです。。。(*^_^*)

背割堤を出た後、少し散策。

P1120729.jpg
飛行神社
航空界のパイオニア・二宮忠八が航空安全と航空事業発展を祈願して大正4年に創建し、平成元年に建て替えられたとのこと。

石清水八幡宮へ。
男山の上にあるので、参道を登ります。
P1120737.jpg

P1120741.jpg

P1120743.jpg
最近国宝になったようです。

神社の側の公園でもお花見をしてる人が沢山いらっしゃいました。

コピー ~ DSC03349
男山の山頂

P1120750.jpg
背割堤が見えています。
駅は川の手前なので、右の橋を渡って土手まで行ったのですが、この時間、駐車場待ちなのか、道路左端の車線は止まったまま、渋滞していました。

山からの下りは・・・・
P1120760.jpg
ケーブルカーで所要時間3分。
すれ違った上りのケーブルカーは満員状態でした。

帰りの電車は、運よく座れたので、途中特急に乗り換えないで、ちょっとうとうとしながらそのまま終点の淀屋橋まで。
御堂筋線と阪急を乗り継いで、帰宅。
お天気も良くて、気温も上がって暖かかったし、お花見日和の一日でした。

桜
帰って届いていた夕刊を見ると、一面に出ていました。
そういえば、ヘリコプターが何機も飛んでいました。。。。
上から見ると壮観ですね。


大山崎へ

20160321

連休二日目の昨日、久しぶりにハイキングシューズを履いて、歩いて来ました。

行先きは、阪急の駅に置いてあるこんなパンフレットを参考に、「大山崎」へ。
P1120683.jpg

阪急京都線の「大山崎」の駅から歩き始めて、再び大山崎の駅に戻ってくる4キロあまりのコースでした。

P1120649.jpg
離宮八幡宮
DSC03155.jpg
製油発祥の地なので、油祖神の像があります。
DSC03156.jpg
製油メーカーからの製油缶が奉納されていました。

DSC03160.jpg
関大明神

P1120652.jpg
サントリー山崎蒸留所
見学は事前申し込みが必要なので、またの機会に。

JRの踏切を渡って、線路沿い少し歩いた後、山に向かう坂道へ。
P1120654.jpg
この道は、天王山山頂へと続くハイキングコースの入口です。
このコーズの途中にあるのが、宝積寺(ほうじゃくじ)です。

P1120658.jpg
宝積寺(ほうじゃくじ)

P1120661.jpg
山崎の合戦の際、ここに本陣を置いた秀吉が一夜で建立したという三重の塔

宝積寺の境内から出て、坂道を下って、アサヒビール大山崎山荘美術館へ。
P1120665.jpg

大正から昭和初期に、実業家・加賀正太郎が別荘として自ら設計して立てた英国風の山荘が美術館になっています。
DSC03195.jpg
中には、モネの睡蓮、ゴッホ、ピカソ、シャガール、モディリアーニ、ルノワール・・などそれぞれ1~2点ですが、絵画に詳しくない私でも知っている作家の絵が展示されていました。
また、建物がとても素敵で、大きな柱は重厚感があって、素晴らしかったです。

DSC03207.jpg
広い敷地で、庭園も綺麗でした。

そろそろお腹がすいてきたね・・・って言いながら、お弁当を広げる場所を探しながら、観音寺へ向いました。
観音寺の側まで行くと、公園があって、テーブルと椅子もあったので、そこでお昼に。
最近は、もっぱらおにぎらずのお弁当です。簡単ですから。。。

休憩の後、観音寺(山崎聖天)へ。
P1120671.jpg
長い石段が見えています。
桜の木が沢山ありました。あと1週間もすれば、綺麗でしょうね。

P1120675.jpg
石垣が綺麗に積まれています。

DSC03213.jpg

DSC03218.jpg

DSC03215.jpg
別な登り口にはこんな急な石段もありました。
帰るのには近道だ思うけれど、この石段を降りるのはちょっと怖いので、上がって来た石段を降りました。

見学場所はここでお終いなので、大山崎の駅へ向いました。
歩き始めた頃は、あまり日も差してなくて、ちょっと肌寒い感じでしたが、このころには日も差してきていました。

こうやって歩きに行く時は、お寺に行く事も多いので、ご朱印帳も持って出かけます。
今回は、宝積寺でご朱印をいただきてきました。

家についたのが、14時半頃・・・。
夕方までちょっとゆっくりできるので、このくらいがちょうどいいかも。。。


プロフィール

kyo

Author:kyo
大阪府豊中市在住。
自宅で小さな教室を開いています。
ちょっと作ってみたいものがあるのだけどという方、一作品のみの授業もお受けいたします。お気軽にお問合せください。
お問い合わせは、↓のメールフォームからどうぞ。

(財)日本手芸普及協会 
パッチワーク指導員

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Pagetop