台北旅行四日目 ②

20141023

午前中は、雨は降らなかったですが、傘を持って出かけていました。
午後、桃園国際空港に向かう頃になって、この旅初めての青空。
関西国際空港に向かうルート上に、台風19号があったので、心配していましたが、飛行機は問題なく飛んでいるようでした。

空港まで送ってくれた、係員の方は日本人の若い女性。
ちょうど娘と同世代でしょうか。
お仕事で台湾に来ていらっしゃるのかと思ったら、台湾人と結婚しているとのことでした。
大阪出身の気さくな方で、空港までの車の中で、台湾の生活の事など、いろいろお話を伺うことができました。
ご主人が日本の旅行会社にお勤めの時に知り合って、昨年結婚されたそうです。
台湾では、本当にご飯は家で作らないの?って聞いてみたら、本当みたいです。
誰が後片付けするの?なんて聞かれるそうです。
台風の時など、外に食べに出られないので、日本のカップラーメンを買いだめするとか。
そのくらいの料理(?)はするみたいです。
彼女の嫁ぎ先は、手広く事業をされているお家だそうなので、特別だとは思いますが、お掃除やお洗濯も週に1回お手伝いさんが来るので、結婚当初、暇なのでトイレ掃除などしていると、「何してるの?そんな事しなくていいよ。暇なら仕事にいきなさい。」ってお家の人に言われたそうです。
あと、台湾は、土地が狭いので、台北市内は1戸建てはなく、中心街のマンションは一坪400万円するそうです。
この計算だと、我が家の広さで、億ションになってしまいます。住めませんね。
そのほかにも、いろいろなお話をしながらだったので、本当に楽しくて、1時間余りの道のりもあっという間でした。

自動チェックイン機の手続きは、彼女がやってくれましたし、預入荷物もセキュリティー検査を無事通過。
手荷物検査場、出国審査を経て、搭乗ゲートへ。
CIMG5579.jpg
とにかく広い空港です。
どんだけ歩くの~~~??って。

コピー ~ P1090111
17時25分発ですが、整備の遅れがあったので、この時間になってようやく搭乗。
台風は南九州にいましたが、影響なく、無事出発するようです。

この後、夕方の飛行機のラッシュ時期だったため、飛行機の中で飛び立つ順番を30分くらい待って、ようやく出発。

飛び立つとすぐに夕食。
コピー ~ P1090121

コピー ~ P1090120

途中、1回だけジェットコースターで降りるような感じを味わいましたが、台風の上を飛んで帰ったにしては、揺れも大きくなく、無事午後10時過ぎに関空に到着。
結局、整備と離陸順番待ちで、1時間余りの遅れになっていました。

荷物を受け取って、リムジンバスに乗ろうと思ったら、伊丹・蛍池方面は、すでに最終が行った後。
仕方がないので、梅田行きに乗って、梅田から阪急電車で戻って来ました。



最後に、台北市内で見かけた、日本でもお馴染みの物を。。。

コピー ~ P1080861
スーパーの棚には、日本のお菓子がなんでも揃っていました。

コピー ~ P1080865

コピー ~ P1080864

コピー ~ P1090045
セブンイレブンが一番多かったかも。

コピー ~ P1080783
コンビニは、置いてあるものも日本とほぼ同じ。
おでんもありました。

コピー ~ P1090079
お馴染みクロネコヤマト。

コピー ~ P1080976
洋服の青山も、3ヶ所位見ました。

コピー ~ P1090005
三越の前の日本商品展の広告。
ラーメンに東京バナナ。。。

台北市内は、なんだか日本の昭和の時代のような感じでした。
地下鉄もどんどん伸びていますし、台北101のようなビルもありますが、市内のビルはそろそろ建て替えた方がいいのでは?なんて思う物くらい古い物も多かったです。
日本が好きで、日本人に優しい国、という印象を受けました。

旅の記録はこれでお終いです。
長々とお付き合いありがとうございました。


台北旅行四日目 ①

20141022

最終日です。


ホテルに迎えが来るのが14時30分なので、午前中は時間があります。
朝食を済ませた後、チェックアウトをしてから、荷物をホテルに預けて、出かけました。

朝から、マンゴー氷を食べに、東門駅そばにある「思慕昔(スムージー)」へ。
ガイドブックにも載っていますが、市内観光のお昼ごはんのテーブルが一緒だった方が美味しいかったと言っていたお店です。
コピー ~ P1090076
お店は10時からだったので、近くの公園で、太極拳のようなものをしているおばさん二人を眺めて、時間調整。
5分位前からは、お店の前で、やはり同じように待っていた、東京からいらした同年代のご夫婦とおしゃべりしながら、開店を待ちました。

コピー ~ P1090081
上にマンゴーシャーベットがのっています。180元。
美味しかったですが、前日の氷讃の方が、マンゴーも多くて、甘かったし、氷もふわふわだったような気がしました。
ここは有名店ですが、私は「氷讃」の方が好きだったかな。お値段も安いし。

コピー ~ CIMG5541
昨日行った、台北101が見えています。

マンゴー氷を食べたあと、近くの雑貨屋さんや、本屋さんを覗いて散策。
再び、地下鉄を利用して、市内観光の時見られなかった、総統府へ。

コピー ~ CIMG5546
この日も何やらイベントがあるらしく、広い道路を閉鎖して準備していました。 

少し周辺を歩いて、再び地下鉄で、占い横丁のある行天宮へ。
コピー ~ P1090096

コピー ~ CIMG5563
地下にあります。
日曜日だったので、しまっているところもありましたが、日本語OKのところもあり、待っているお客さんもいました。
私達は、特に占ってもらいたい事もないので、覗いただけ。

そろそろお昼を食べておかなくてはいけない、と思って探したのですが、適当なところが見つからなくて、結局、行天宮からひと駅のホテル近くまで戻ってきました。
どこもなかったら、ホテルのイタリアンレストランでもいいかななんて、思いながら。。。。
でも地元の人が食べているような物を食べてみたい、との思いもあり・・・

CIMG5566.jpg

基本はテイクアウトの店で、中でも食べられるようにもなっていたので、ここに入りました。
「鐵路飯堂」って名前で、お弁当風で、折箱に入っていました。
店の名前から察するに、駅弁のイメージでしょうか。
わりと新しいお店でした。
値段は一つ85元~90元(350円前後?)で安いです。
テイクアウトで、次々とお客さんが来ていました。
若い女性が多かった気がします。

コピー ~ P1090100
主人が選んだのは、豚の角煮風と煮卵がのっているお弁当。
美味しいって言っていました。

コピー ~ P1090102
私は豚の胡椒焼き。
胡椒がものすごくきいていましたが、わりと美味しかったです。

ホテルに戻って、まだ1時間くらいあったので、ティールームでお茶をして、14時に荷物を受け取って、ロビーで待っていたら、「○○さんですか?」って、声をかけられました。
迎えの係員の方で、日本人の若い女性でした。
少し早いですが、私達だけだったので、迎えの車で空港に向かいました。

後は帰るだけなのですが、続きはまた。。。。

台北旅行三日目 ②

20141021

マンゴー氷を食べられたので、私としては、今回の旅の目的を果たした感じでした。(*^_^*)


その後、タクシーを拾って、布問屋がある永楽市場へ。
日本語のわかるタクシーの運転手さんも多い、と聞いていましたが、今回の旅では一度も出会わなかったです。
ホテルの前から乗る時は、ホテルのベルボーイさんが行先を告げてくれましたが、途中で拾った時は、メモ用紙に行先を漢字で書いて、見せるようにしていました。

コピー ~ P1090057
ここは手芸屋さん。
日本の先生方のちょっと古いキットなども少し見受けました。
コピー ~ CIMG5491
たくさんの生地屋さんが並んでいました。
コピー ~ CIMG5490
ここは、私が花柄布を買ったお店。
出来上がったバックやポーチもたくさん売っていました。

ここから少し歩いて、食品の問屋街「迪化街」へ。
コピー ~ CIMG5495
からすみや乾物など売っていました。
ドライマンゴーはすでに購入済みだったので、ドライミニトマトを買って来ました。

ちょっと疲れたので、コンビニでコーヒーを買って、中でひと休み。
コピー ~ P1090058
主人のアイスコーヒーと、私のホットコーヒー。
どちらも同じ大きさのラージカップに入っていたのにびっくり。
値段は、二つ目は5元になるとか書いてあって、二つで50元、200円弱です。
でも、ホットコーヒー、こんなに飲めない!!

この時点で夕方の4時前。
ホテルに戻るのにはちょっと早いので、台北101に行ってみることにしました。
地下鉄乗り継いで・・・・
コピー ~ P1090059
高さ508mの世界第3位のビルだそうです。
ビルは主にオフィスが入っているようですが、89~91階が展望台になっています。

コピー ~ CIMG5515
5階の展望台行きのエレベーターには、行列が。。。
見えているところからまだ左にぐるりと回って並んでいました。
高い所は苦手な主人と一緒だし、こんなに並んでいるので、パスしましたが、この日はお天気も悪かったから、見晴はよくなかったでしょうね。

コピー ~ CIMG5513
隣接するショッピングモール。とにかく広い!!
高級ブランドが並んでいました。
台北の街中とは、全く違う世界みたいでした。

この日の夕食は、あちこち歩いて少々疲れていたのと、二人ともあまりお腹が空いていなかったで、ホテルのパン屋さんでサンドイッチとサラダを買って、部屋でのんびり。
それに、今回は出発前に胃の調子が悪かったので、念のためにミニカップうどんや蕎麦、スープなどを持って行っていたで、これも消費。

日本のテレビもいくつか映るので、NHKなど見ながらのんびりしていましたが、最終日でもあるし、到着の時に迎えの係員の方からいただいた、エステやマッサージのパンフレットが気になって。。。
P1090167.jpg 
パンフレットに志村けんさんの写真がでています。
電話予約も日本語が通じるとのことですが、主人がフロントに聞きに行くと、予約してくれたそうです。
ホテルまでの送迎付きです。
私は美顔マッサージ(800元)、主人は足裏健康マッサージ(700元)をお願いしました。
お店に到着すると、日本人ばかりで、日本人観光客専門のお店かなと。。。
案内された部屋は薄暗くしてあって、5~6個ベットが並んでいました。
指定されたベットに横になって待っていると、女性の方がやってきて、クレンジングでお化粧を落として、スチームを当てながらマッサージ。
小鼻の皮脂をへらのような物で取っている感じがして・・・「お客様」って言われたので目を開けると、取った物をみせてくれました。ビオレの毛穴すっきりパックで取った感じでしょうか。
その後、再びマッサージをして、パックのような物をのせておいて、放置。
時間が来ると、別な人がパックをはがしに来て、「すべすべ」って言いながら、ウーロン茶をどうぞ・・・って感じでした。
私がいた部屋は、もう一人女性客がいて、あとは男性客 (男性もOKと書いてありました)。
終わり具合から見て、全部の施術時間は同じみたいですが、男性の方が、皮脂取りに時間がかかっていたようでした。
その分、マッサージの時間は私の方が長かった気がしますけれど。。。
それと男性客には、「髭剃りしますよ。サービスですよ」って言っていましたが、どの人も「いや、いい」って答えていました。

主人は私より先に終わって、待っていました。
市内観光の時に行った足裏マッサージの方が、ずっと痛かったけれど、良かった気がしたそうです。
私の美顔マッサージも、流れ作業的で、正直、どうかなぁ・・・って感じでした。
まあ、いい経験はしましたけれど。。。
ホテルまで送ってもらって、三日目が終わりました。






台北旅行三日目 ①

20141020

三日目。
今日はお昼ご飯の予約をしていますが、後は予定なし。
地下鉄に乗ってみることにしました。

P1080995.jpg
ホテルから少し歩いたところにある、地下鉄の入口
コピー ~ CIMG5433

コピー ~ P1080997
切符は、プラスチックのコイン型の「トークン」。
初乗り料金は20元(70円~80円くらい?)と安いです。
コピー ~ CIMG5444
ここだけでなく、どこの駅構内も広いです。
コピー ~ CIMG5435
路線も色分けしてあるし、何より漢字なので、乗換なども日本人にも解りやすかったです。
タクシーも安いですが、地下鉄も安くて利用しやすいなって思いました。

昼食のお店の場所を確認してから、再び地下鉄で、「龍山寺」へ。コピー ~ P1090014
入口にはたくさんの献花が飾られ、中ではたくさんの人が熱心にお経(?)を唱えていたので、観光で行った私達はちょっと肩身が狭い感じさえしました。
もちろん観光客もかなり多いのですけれど。。。

「龍山寺」を出て、お昼までにはちょっと中途半端な時間だったし、ホテルの部屋のお掃除をしてもらうよう表示するのを忘れて出てしまっていたので、一度ホテルに戻りました。
で・・・地下鉄で行ってお店の位置を確認したにもかかわらず、ホテルの前からタクシーでお昼ご飯の予約をしていた「正福緑」へ。
ここは「フカヒレ」が食べられるとのことで、オプショナルツアーの中にあったので、予約をしていました。
コピー ~ P1090026

コピー ~ P1090035 コピー ~ P1090037
       フカヒレ         ハタのXO醤ソース
コピー ~ P1090038 コピー ~ P1090039 
 エビのマンゴーマヨネーズ      アワビのスライス
コピー ~ P1090040 コピー ~ P1090041
    蓮の実ご飯           かぼちゃのスープ
コピー ~ P1090043
    マンゴープリン
ランチの時間でしたが、お客さんは私達だけ。。。
申し込む時にネットで調べたのですが、たくさんの日本人の方が感想を書き込んでいらっしゃったのですが。。。
ランチもディナーも同じコース料理で(値段は3段階くらいありますけど)、そこそこいいお値段なので、やっぱりディナーの方が多いのかも。。。
お料理の説明も、日本語でしてくださって、今回の旅で一番ゆっくりとした食事になりました。
お味は・・・普通に美味しかった・・・って感じです。

お昼ごはんの後、少し歩いて、ガイドブックで見て、行ってみたかった雑貨のお店へ。
コピー ~ CIMG5479
刺繍入りのj可愛い布小物がいろいろ置いてありました。

再び地下鉄にひと駅乗って・・・
この旅行で私が一番楽しみにしていた「マンゴー氷」を食べに「氷讃(ビンサン)」へ。
以前に台湾旅行したお友達から、マンゴーかき氷が美味しかったから、2回も食べに行った・・なんて話を聞いていました。
お店はたくさんあるようですが、ネットでここが美味しいと書いてあったので。。。
コピー ~ P1090050
ここは、4月~10月だけ営業しているかき氷店です。
コピー ~ P1090047
ミルク味の氷の上にマンゴーがのっています。100元。
量が多いって聞いていたので、一個を二人で食べました。
氷がふわふわで、マンゴーもやわらかくて、とっても美味しかったです♪
もっと暑い時なら、一人で一つ、いけちゃいそうです。

続きはまた。。。

台北旅行二日目 ②

20141018

故宮博物院を出て、次に向かったのが、忠烈祠。
戦死した約33万人の中華民国将兵などの霊を祀っていて、軍の管理下におかれているので、1時間ごとに、衛兵交替式が見られます。
衛兵交替式が見られるのは、イギリスと台湾だけだそうです。

台湾も徴兵制度がありますが、期間はだんだん短くなっていているとか。
日本の自衛隊のような組織に変える、とここ何年も言い続けているけど、なかなか実現しないそうです。
この衛兵も、徴兵された人の中から、本人の意志は関係なく、身長、体重などから指名されて、厳しい訓練に入るそうです。顔は関係ないとか。。(笑)
瞬きもせず、微動だにしない姿は、まるで人形のようでした。
因みに、無給だそうです。

コピー ~ P1080942

コピー ~ CIMG5406

コピー ~ CIMG5397

この日は雨が降ったり止んだりでしたが、フルバージョンの交替式を見ることができました。
雨だと、屋根のある場所だけの簡単な交替式になる場合もあるそうです。

ここまでで、市内観光は終わりです。
昨日、九份ナイトツアーの出発地点だった、お土産屋さん「金龍」で解散となりました。

市内観光のツアーは、お土産屋さんやお茶屋さんに立ち寄るので、つい財布のひもを緩めがちなのが難点ですが、お話の上手なガイドさんから、台湾の事もいろいろ聞くことができて、台北が初めての私達には、とても良かったです。
一番驚いたのは、台湾では、家で食事を作らないこと。
このガイドさんの息子さんも、3回くらいしか、お母さんのごはんを食べたことがないって言っていました。
なぜなら、外で食べた方が安いから、そして滅多に作らないから美味しくないから、なんて・・・・笑

市内観光のあと、同じ場所から続けて出発する、小龍包で有名な、「鼎泰豊(ディンタイフォン)のディナーと士林夜市」のオプショナルツアーを申し込んでいました。
集合時間まで時間があったので、近くのお店で、タピオカミルクティーを。。。。
コピー ~ P1080958

この日の市内観光のバスは3台出ていましたが、私達と同じように、続けて「鼎泰豊ツアー」を申し込んでいた人が沢山いらっしゃいました。
で・・・バス1台で出発。
コピー ~ P1080959

コピー ~ P1080962
鼎泰豊本店。
店先には、順番待ちの人、テイクアウトで待っている人など、たくさんの人がいました。
私達は、予約なので、待ち時間もなく入店。
8人ずつくらいのグループに分かれて、テーブルに着きました。
コピー ~ P1080963 コピー ~ P1080969
コピー ~ P1080964 コピー ~ P1080967
コピー ~ P1080970 コピー ~ P1080971
コピー ~ P1080972 コピー ~ P1080973
コピー ~ P1080974 コピー ~ P1080975
どれも美味しかったですが、結構量が多くて、一人一個のノルマを果たすが精いっぱいでした。
もともと、夫婦ともたくさん食べる方ではないので、タピオカミルクティーを飲まなきゃ良かった・・・・とちょっと後悔。(-_-;)
鼎泰豊は、日本にもお店があちこちにあります。
知らなかったのですが、梅田阪急百貨店にも。。。
チャーハンも美味しいと聞いたので、今度行ってみようかな、と思います。

食事の後は、士林夜市へ。
コピー ~ P1080980
昨夜の饒河街夜市と比べて、こちらは洋服や靴などのお店がずらり。。。
雨も降っていたし、時間も40分と限られていたので、ざっと見て、集合場所へ早めに行きました。
ここで、もう少し夜市を見る、自分で地下鉄やタクシーで帰る・・・など選択できますが、私達はホテルまで送ってもらう・・を選択。
途中大型バスから、もう一組の方と車に乗り換えて、ホテルまで帰りました。

二日目終わりです。。。

プロフィール

kyo

Author:kyo
のんびり、マイペースでパッチワークを続けてきました。
大阪府豊中市在住。
自宅で小さな教室を開いています。
講師資格取得、自由作品作りなど、ご希望に応じます。
お問い合わせは、↓のメールフォームからどうぞ。

(財)日本手芸普及協会 
パッチワーク指導員

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Pagetop